立憲民主党 兵庫県第6区 桜井シュウ 公式サイト

決意・政策

決意表明

未来に責任ある政治のために

 銀行勤務ではアジアでの事業融資を担当し、経済成長のダイナミズムを体感しました。その一方で日本はバブル崩壊以降、失われた20年と少子高齢化による衰退の一途です。アジアの成長もよいが、日本を再生することこそ自分の果たすべきミッションだと思い定め、故郷の兵庫に戻って政治活動を開始しました。
 そして、まず政治・行政の最前線である基礎自治体において、行政のサービス向上と業務効率化に努める一方で、地方議会改革に邁進しました。しかし、地方議会ではどうしようもない国による巨額の税金の無駄遣いを目の当たりにして、我が国の未来のために、この国の政治を根本から叩き直さなければならないとの想いに至り、国政にチャレンジする決意を固めました。
決意・政策

政治にこそ、競争原理を!

 20年前の日本では「政治三流、経済一流」と言われていましたが、失われた20年をみれば政治が三流だから経済も三流になってしまったと言わざるをえません。また「権力は腐敗する、絶対的な権力は徹底的に腐敗する」と言われるように、一党支配では政治が腐り人々を不幸にすることは中国や北朝鮮をみれば明らかです。一人一人を大切にする社会を発展させるため、そして政治のレベルアップのためには二大政党による切磋琢磨が必要であり、だからこそ自民党に対峙する政治勢力を結集すべきです。
2009年の政権交代時には私も一人の国民として民主党に期待しましたが裏切られました。ならば、二大政党の一方を再構築するためには自ら立ち上がるしかない、との想いから決意しました。

人材育成こそ暮らしにつながる成長戦略

政策1 人材育成こそ成長戦略 政策2 行政効率化 政策3 政治腐敗を根絶 政策4 信頼の社会保障 政策5 専守防衛と平和主義
決意・政策
立憲民主党 兵庫県第6区 桜井シュウ 公式サイト